廣瀬浩司:授業資料格納所

授業用レジュメの残り物

現象学

感覚の臨界で世界のさしせまりを知覚する

知覚=感覚されないもの、感覚によってしか感覚されないもの 先週のメモ 他我認識論をめぐって ・「窓の外の人は自動人形ではないか・・・」(デカルト的問題設定) ・超越的他者と目の前の「汝」や隣人(ユダヤ=キリスト教的) ・「他者の意味」はそもそも…

村上靖彦『在宅無限大』

(...) おそらく、村上さんの思考の柱にはやはりレヴィナス、サルトル、ラカンが あって(自閉症の「視線触発」という概念への私の違和感とも かかわりますが)、それがメルロ=ポンティ、 フーコー、ウリ、シモンドンあたりの規範創出論と大きくずれる。あ…